マガジンのカバー画像

土木・測量|Civil系

24
BricsCAD の土木・測量、Civil 分野に関連した話題をまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

Q. BricsCADでJWWファイルを開けますか?

A. 手段は複数あります。日本で老舗の 2D CAD ツールとして使われている Jw_cad のデータをBricsCAD で開けますか?という問い合わせが定期的な感じで来るので、この記事では .jwwファイルをやり取りしたい時に役立つ方法について解説します。 JWW ファイルを BricsCAD に読み込む手順 まずはじめに BricsCAD の標準機能を活用して、見た目重視で取り込む方法を解説します。 1.事前の準備 Jw_cad をインストールしておきます。 Br

BricsCAD® BIM V24 強化点:.IFCファイル対応の強化

BricsCAD BIM は、V23の時点で IFC2x3, IFC4, IFC4x1の形式に対応していますが、BricsCAD BIM V24 においてIFCファイルの対応にバリエーションが増えました。 具体的には、IFC4 の形式でリファレンスビューというサブセット的なファイルを書き出しできるようになりました。 IFC4 リファレンスビューのファイルは、すべての IFC4機能をサポートしていないツールとIFCモデルを交換するために利用できるものです。 プロパティやプロ

BricsCAD® V24 強化点:点群 - 点群分類(PointCloud Classifier)機能の追加

BricsCAD V24 において Hexagon のインテリジェントな PointCloud Classifier (PCC)が搭載されました。(Pro以上) POINTCLOUDCLASSIFYコマンドによって、読み込んだ点群ファイルの内容を自動的に分類して点群マネージャで表示を切り替えしたりできます。 分類の内容はいくつかレベルがあります。 インドア基本 : 壁、天井、床、窓、ドア、雑然としたものなど。 インドア簡易 : 基本クラス+傾斜屋根、屋根設備、鉄骨構造

BricsCAD® V24 強化点:Civil-土木向けの割り込み入力コマンドを追加

BricsCAD V24では、点、距離、または半径を要求されたときに、方位と距離など測量観測情報に基づいた入力できるようになりました。 具体的に利用可能になった入力方法は次のとおりです。 入力時に、これらのアイコンを実行して入力を行います。 この機能により、測量系の方が測量系図面の作成に活用しやすくなります。 他の指定方法もほしいという方要望がありましたら、サポートリクエストへお送りください。 では、よいCADライフを!👷

BricsCAD® V24 強化点:Civil-グレーディングの強化

BricsCAD V24のProで利用可能な土木機能の中にあるグレーディングの機能について、グレーディングの角処理が強化されシャープな角のグレーディングを作成可能になりました。 これまでの、ラウンドタイプに加えて、シャープなコーナータイプが作成可能になったことで造成表現の幅が広がります。 では、よいCADライフを!👷

BricsCAD® V24 強化点:Civil-TINサーフェスの強化

BricsCAD Pro の土木機能では、点群や座標点リストから Tinサーフェスを作成することができていますが、V24 で既存の方法の加えてコンター(等高線)データからTINサーフェスを作成することができるようになりました。 TINサーフェス化してしまえば、プロパティを変更して等高線表示の間隔を変更したり、地表の傾斜でグラデーション表示したりといったことができますので、公開している等高線データから地形の3Dデータを作成する方法が増え、土木・測量の業務でより活用しやすくなっ

BricsCAD® V24 強化点:アプリケーションアイコンメニュー

とてもわかりにくい改善点かもしれませんが、BricsCAD V24 にて、左上にあるアプリケーションアイコンのメニューの使い勝手が良くなりました。 具体的には、よく使うものはネストせずに最初から展開された位置に表示されるようになり、シートセットへのアクセスがしやすくなっています。 細かな使い勝手の部分でも改善点の要望は挙げていただけますので、ここのところもうちょっとこうならないかな?というご意見がありましたらサポートリクエストをお送りください。 では、よいCADライフを

BricsCAD® V24 強化点:シートセットマネージャの強化

BricsCAD にはシートセットによるプロジェクト管理機能がありますが、BricsCAD V24 では、このシートセット機能がより直感的に利用できるように強化されました。 ツリーでのドラッグ&ドロップ動作が改良されたほか、複数プロジェクト表示時は個別のプロジェクトごとに表示し、切り替えて使えるようになりました。 また、プロジェクトの情報の同期処理が改善され複数人での編集時に更新状況が分かりやすくなりました。 シートセット情報の保存も自動的に行われるようになったので、S

BricsCAD® V24 強化点:電卓パネル

今回は、BricsCAD V24 で新規に搭載された「電卓」機能について解説します。ワールドワイドで多くの要望が上がっていた機能なのです。 いわゆる関数電卓の機能で、「今まで無かったの!」と意外に思われるかもしれませんが、この度 V24 にパネルとして実装されました。🎉 パネル表示のリストから選択して表示できます。コマンド名は QUICKCALC です。ちなみに、BricsCAD は CALコマンドを実行すると、OS の電卓が表示されます。 電卓パネルの外観パネルの外観

BricsCAD® V24 強化点:Civil-土木エクスプローラの強化

BricsCAD Pro に搭載されている 土木機能には 土木関連のデータを効率よく扱うために土木エクスプローラが搭載されています。 BricsCAD V24 では、この土木エクスプローラの機能が強化されてシェープ(.shp)ファイルやオブジェクトからGIS画層の読み込みができるようになりました。 シェープファイルは複数のファイルから一括して読み込みができます。 読み込まれたGIS画層に属しているデータは、GISの属性テーブルで確認することができます。 表の内容を必要な項目

BricsCAD® V24 強化点:点群 - 点群の点表示の強化

BricsCAD Pro以上で利用可能な点群ファイルの読み込みですが、1点群ファイルあたりの点表示数の初期値が400万点から2倍以上の1000万点に更新され、これにより点群表示の品質が向上します。 点群表示数の差についてはこちらの記事が参考になります。  大体のPCでパフォーマンスの問題なく表示できる設定という判断からの初期値変更ですが、もしPCのスペック的に問題が出るようでしたらオプション設定から POINTCLOUDPOINTMAX の設定値を半分に下げたりして調整し

BricsCAD® V24 強化点:点群 - 点群ファイルの読み込みパフォーマンス強化

BrisCAD Pro 以上のライセンスレベルで利用することのできる点群機能ファイルの読み込み機能ですが、V23 で読み込みに時間が非常に長くかかっていたケース、PTS以外のASCII形式の読み込みが BricsCAD V22 での PTS読み込みと同程度に高速になりました。 読み込み可能な 点群ファイルの種類は V23 と変わりないですが、V24では、点群分類(PointCloud Classifier)機能が搭載されたり、点群表示の品質向上の設定変更があったりしています

点群から生成したTinサーフェスを均す方法

BricsCAD® では、Pro 以上のライセンスレベルで点群から Tinサーフェスを生成することが出来るということは、この note をご覧頂いている方であれば周知の事実かと思います。 参考記事  BricsCAD®で点群ファイルの取り込みから TINサーフェスの生成まで このとき、全体的なTinサーフェスの細かさは生成時に調整できるのですが、点群の状態によっては、作成されたTinサーフェスに粗々な部分がどうしてもできてしまうことがあります。 このような部分に対して、

Q. BricsCAD®の点群表示は最大何点まで対応してますか?

A. 1点群あたり、最大5千万点の表示まで対応しています。点群の最大表示数は、設定でコントロールすることが出来ます。 表示についての設定で、5000万点以上の点群ファイルをアタッチすることは可能で、設定以上の点が含まれる点群をアタッチされている場合、表示状態に応じて間引きされて表示されます。  設定は、「画面上に表示される点の最大数」の項目で行います。システム変数では、POINTCLOUDPOINTMAX 。この設定は、BricsCAD V23では、初期値が400万で、最小