マガジンのカバー画像

BricsCAD バージョン情報まとめ

8
このマガジンでは、BricsCADの新しいバージョンの情報に関連した記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

BricsCAD®を最新バージョンで使うメリット

 常に進化する BricsCAD を最新Verでご利用いただくメリットを認識してただくために、旧バージョンごとの新機能の紹介とポイントになる点をまとめました。 現在実施中のバージョンアップキャンペーン(~2022/9/28まで)でお得に最新 Ver に上げていただく事が出来ます。ぜひご検討下さい!  なお、これまで各バージョン毎に新機能&改良が大体200前後もあります。ボリュームが多くなりすぎるので、この記事では汎用製品(Lite/Pro)に絞ってまとめています。 V2

スキ
4

BricsCAD®のデータ互換性シリーズ 「DWG・DXF の対応」

 BricsCAD® の標準図面ファイル形式は、DWG または DXFファイルとなっています。DWG® という名称は 米国 Autodesk®社の登録商標として登録されていて AutoCAD® の標準フォーマットでもあります。  歴史的な背景から 2004形式以降の .dwgファイルに埋め込まれるようになった透かし情報は変更しないスタイルになっていますが、DWGファイルの構造自体は、エンジニアリング設計データの自由なアクセスと交換をビジョンに持つ Open Design Al

スキ
8

BricsCAD®V22 製品の種類と特徴

 どうも、BricsCAD(Bricsys)の中の人です。BricsCAD®V22 製品の種類と特徴について、カタログよりもくだけた感じで紹介しようと記事を書いていたら、思いのほか長くなってしまいました。こんな使い方ならこの製品が良さそうかも?、というイメージを持ってもらえるかと思いますので飛び飛びでもいいのでお読みいただけたら幸いです。 BricsCAD の種類BricsCAD V22 のCAD製品として以下のような種類があります。 BricsCAD Shape(シェイ

スキ
5

BricsCAD V22.2 の更新点:その4

3回目からの続きで、今回はV22.2 の開発関連の更新内容です。 BricsCAD は、簡易ビュアー & 3Dモデラーである 「BricsCAD Shape」 を除いて開発用の API を備えていて、独自の機能を作り込んだり、公開・販売されているものをアドオンして使ったりできるのですが、製品によって使える API が異なります。 使用可能な APIBricsCAD には BLADEという開発環境(IDE)が搭載されていて、LISP など BricsCAD で使用できるいくつ

スキ
6

BricsCAD V22.2 の更新点:その3

2回目の続きで、BricsCAD V22.2 の更新内容紹介です。 今回は、ソリューションごとの更新内容をピックアップします。 BricsCAD の Civil(土木) ツールセットBricsCAD の Civil ツールセットの改善点は以下のものがあります。 垂直整列のパフォーマンスが向上しました。特に大きな例で顕著。 Autodesk® AutoCAD® Civil 3D 図面のインポートが改善されました。 標準および投影ブレークラインエンティティ。 TIN ボ

スキ
4

BricsCAD® のサポートOS一覧

 今回は、BricsCAD のサポート OS について(だいぶ古い)過去のバージョンも含めた形でまとめました。BricsCAD は Windows、 Mac OS、Linux に対応したものを提供しているので OS 毎に掲載しています。  OS 以外の細かな要件については、ヘルプセンターや製品のヘルプなどを参照してください。サポートOSの情報については、この記事を更新する形で提供しようと考えておりますので、PC管理をされる部門の方はフォローなりブックマークしておいていただく

スキ
5

BricsCAD V22.2 の更新点:その2

前回の続きで、BricsCAD V22.2 のアップデート内容紹介です。 今回は、パフォーマンスが向上した点とインターフェス周りの改善についてピックアップします。 パフォーマンスの向上グリップ数が多い図形の描画パフォーマンス改善  多数のグリップ点が重なっているグリップを編集する際のパフォーマンスが劇的に改善しました。処理が滞ることで固まったような状態になることがあったようなのですが、これが解消されています。 複数コア対応の強化  BricsCAD は、特定の処理に対

スキ
5

BricsCAD V22.2 の更新点:その1

 BricsCAD は、メジャーアップデート(いわゆるバージョンアップ)とは別に、マイナーアップデートを隔月くらいの間隔で行っています。日本語版は翻訳の関係で飛び飛びで提供されていますが、マイナーアップデートなので、不具合の修正だけかなと思いきや新しい機能が追加されることもあります。  現行の最新バージョンは2021年11月にリリースされた V22 ですが、2022年5月23日に V22.2.04 というマイナーアップデートがリリースされました。アップデート内容はリリースノ

スキ
5